2009年05月28日

『G線上のアリア』バッハ

ヨハン・セバスチャン・バッハ作曲≪管弦楽組曲第3番≫

通称『G線上のアリア』をクラシックとしてきちんと聴いたのは最近になってからです。
初めて聴いたのはジャズとしてだったように覚えています。

”G線上”とはなんのことなのか不思議に思っていましたが、
原曲をニ長調からハ長調に移調したときに、
ヴァイオリンのG線だけで演奏できることからついたそうですな。

厳かな気持ちになるこの曲、
一度生でヴァイオリンの独奏を聴きたいものです。



音楽談-G線上のアリア.jpg

ラベル:大人のピアノ
posted by コロ部長 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。