2009年04月30日

『カノン』パッヘルベル

ドイツの作曲家、ヨハン・パッヘルベルの『カノン』は、
《3つのヴァイオリンと通奏低音のためのカノンとジーク ニ長調》の第1曲です。

この『カノン』がパッヘルベルが作曲した唯一のカノンであり、
一般的に非常に有名になった唯一の曲だということです。

同じメロディを、始まりの音を変えたりしてくり返す形を
「カノン」というのですな。


クラシックには曲名を知らずとも、耳にしていることが多いですが、
この曲も例外ではありません。

式典などの正式な場で、よく流れているようなイメージです。

くり返しが多い曲は、どこを弾いているのか分からなくなりそうですな。


・・・この頃は、つい、自分が弾けるとしたら・・・
という観点で聴いてしまうことがあります。



音楽談-カノン.jpg
ラベル:大人のピアノ
posted by コロ部長 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。