2009年05月07日

『四季・秋』ビバルディ

イタリアの作曲家、アントニオ・ヴィヴァルディによるヴァイオリン協奏曲集
≪和声と創意への試み≫

ヴィヴァルディの『四季』と呼ばれるこの曲は、
知らない人がいないと思われるクラシックのヒットナンバーですな。

しかし、『春』と『秋』はわかりますが、
『夏』『冬』はあまり聴いたことがないという印象です。

曲を聴いていると、『春』はいかにも春ですな。
生命の息吹を感じ、暖かい春の訪れを一斉に喜んでいるといった感じでしょうか。

タイトルが絶妙だと思うことが多いのですが、
意外にもクラシック曲は、作曲者が意図してタイトルをつけたものばかりではないことに少々驚きます。

この『四季』というのも、
ヴィヴァルディが命名したのではないということです。




音楽談-秋.jpg
ラベル:大人のピアノ
posted by コロ部長 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。