2009年05月21日

『茶色の小瓶』

『茶色の小瓶』はアメリカ民謡だとされていましたが、
実際はフィラデルフィア出身の作曲家ジョセフ・ウィナーが、
自身のミドルネームであるイーストバーンの名で1869年に発表した楽曲だそうです。

酒好きな男女が、何があっても、どこへ行くにも、
茶色の小瓶に入った酒と一緒・・・のような歌詞もあるそうです。

それを、1939年にグレン・ミラーがジャズ・アレンジし、
楽団の名演奏でジャズのスタンダードナンバーとなるほど、
親しまれる曲になったのだとか。

陽気な気分になる、跳ねるような曲調が楽しい一曲です。


音楽談-茶色の小瓶.jpg
posted by コロ部長 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116521368
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。